県塾HPトップ

国語

ホーム > 教科 > 国語詳細ページ一覧 > 古文対策 その1 (高校入試)

古文対策 その1 (高校入試)

2018/11/26

『先生、俺ね いつも古文の点数がゼロ点近辺なんだ(泣き)』

・・・と言うのは

中学3年生のA君です

先日も個人的に古文の過去問をやってみました


設問に答える前に

古文の本文を現代文に直す訓練からです


案の定、チンプンカンプンのようです

想像を巡らして、全体の流れを捉えるのが

目的です

細かい部分の解釈は飛ばしていいんです


・・・・・・ん~ん ???


数学の能力はピカイチのA君です

また論理的思考力も高いお子さんです


しかし、物語文が苦手なようです


原因は、

知らない言葉が多すぎるんです

それが幼い頃からの読書不足からきているのは

御本人も認めています

・・・・・・で、締めくくるつもりだったのが

その影響はもっと根深く及んでいるようです

つい最近気付いたんですが


古文の本文を音読させてみると

『うまく読むことさえ苦労しています』

他のお子さんにも試したところ

古文が苦手なお子さんは

音読の段階でつまずくんです

つまり、意味上の句読点が分からないので

音読が滑らかに出来ないんです


て・に・お・は・・・の助詞を

飛ばして読んでいるんです

依って、文の構成が正確に見えてこないんです

こんなところにも

小学生の頃、読書に時間を充てなかったツケが

今になって出てきてるんです


そこで取った窮余の一策とは

→続く

<一覧へ戻る