県塾HPトップ

県塾の学び方

ホーム > 県塾の学び方 > 個別対応 VS 一斉授業ページ一覧 > やっぱり、ひとり・一人対応ですね

やっぱり、ひとり・一人対応ですね

2019/03/10

塾がお子さんにできることって

・・・・最近、改めてこのことを考えています

これは、お子さんの側の問題でもあり
我々講師の先生の問題でもあります

学年にもよりますが
同じ学年のお子さんでも
目の向いている方向が全然違います

それぞれのお子さんが
今取り組むべき優先順位が
まるで違うからです

いくつか例をあげます

A子さん: 小学生から中学受験を始め、
       ようやく高校に合格しました
       長い長い間彼女は勉強のことが
       頭の隅から離れたことがありません
       『私ね、今死ぬほど遊びたいの。
       我慢してきたゲームもいっぱいやりたいの』

B君:第一志望校の高校に受かったは良いんですが
   将来のことを考えると、自分の〇高校では
   就職先が保障されるだけの大学に入れるだろうか
   といういきなり大きな不安にかられているようです
   お友達のB君との今現在の学力差も気になるようです
   

となってくると、
A子さんはしばらく勉強はやらないでしょう

しかし、B君は高校合格とともに次の段階に向けて
スタートを切っています


お母様の側の立場も同様に異なってきます

お母様Cさん:これまでは息子も小学生だったけど
        これからは中学1年生です
        もう、野放しにしてはいられません
        4月からはフリーコースに入れて
        ビシバシやらせます

お母様Dさん:まだ中1になるばっかりだから
         部活の様子も見たいし、まずは
         中学生活に慣れることが大事でしょう
         受験対策は中学3年生からでしょう

両極端ともいえるほど異なるお考えのお子さんを
同一のカリキュラムで対応するなんて
無理があります

自信をすっかり無くしているお子さんもいます
目標がしっかり見えているお子さんもいます

それぞれのお子さんと心を共有しないと
失敗するのは、これまでの経験で
私どももよく知っています

先日も、ハッとさせられるようなメールを
あるお母様からいただきました

お母様によると
御子息が色々と悩んでおられるようです


そういえば、兆候があったんですが
そのお子さんの心の内に
十分入っていけていなかった自分に

気付かされました

それぞれのお子さんのSOS
それぞれのお母様のSOS

そこに気付かなかった自分を
今はとても恥じております

必ずや彼をあるべき軌道に乗せます
もう少しお時間をください

<一覧へ戻る